【 洛いも✨】

更新日:6月6日

ハート型に育った可愛いお芋に出会いました❤️



こちらは京都・精華町を代表する特産品の『洛いも』。


京都府立大学が系統を選抜・保管する特別の種芋から育てられたダイジョです。


精華町が技術を継承して栽培を推進してこられました。


そしてネーミングには2つの願いが🎶✨


皆に幸運をもたらす作物となるよう願いを込め名前に都(みやこ)を意味する「洛」を入れ、さらにローマ字表記にLUCKYの「L」を当て「洛いも~LAKU-IMO~」と名付けられたそうです。


ダイショは、長芋や自然薯と同じくヤマノイモ属の一種。


長芋より水分が少なく、その分粘りがとても強いんです。ほのかに甘味があるという特徴があります。


なんといってもダイジョには一般的な長芋に比べ2倍以上の食物繊維が含まれています。


美腸や便秘改善、滋養強壮、疲労回復や、高血圧予防などが期待できますね✨💕


「洛いも」はイモの中身が白色。


切った洛いもは時間がたつと酸化して茶色く褐色します。これは、ポリフェノール成分が要因。


皮をむいたら10分間ほど酢水にさらすと大丈夫👍


美味しい食べ方は、なんといってもまずはすり下ろしの「とろろ」✨


「とろろ」はご飯やお蕎麦にかけだけで絶品ですが、みそ汁や鍋いれると、すいとんのように固まり食感が最高です。


さらに!お好み焼き・唐揚げ・グラタン・ハンバーグのつなぎとしていれるとふんわり仕上がるんですよ(^ ^)


短冊切りの食感もだいすきです!

生でサクサク✨サラダでいただいたり、シンプルに焼いたり、グラタンに入れても意外と合う💕


少し大きめにカットしておでんに入れても美味‼️

煮崩れせず、ホクホクした歯ごたえと出会えるんです(๑˃̵ᴗ˂̵)


このように切り方によって食感や風味が変わるのも洛いもの醍醐味ですよね❣️


ちなみに、時間がある時に一気にすりおろして、薄くのばして冷凍袋で冷凍すると、必要な分だけ折って使えるので超便利ですよ🙌


まさに心にも体にも優しく、日常にLuckyを届けてくれる洛いも。


寒くなる冬、ネバネバパワーで元気にお過ごしくださいね💕



2回の閲覧0件のコメント