【 蕨 わらび✨🌿】

ほろ苦さと独特の風味が楽しめる「わらび」。春を感じる山菜のひとつですね。


3月中旬頃に九州地方から始まり、6月初頭になると東北へと旬のリレーが繋がります。


とくに5月〜6月に山間部で採れるわらびは、極太で食べ応えがあり、最高です✨(๑˃̵ᴗ˂̵)



東北地方のみならず、全国的に自生するシダの仲間。


森の中ではなく、日当たりの良い雑木林の縁や草原に生えます。


私の住む奈良の若草山もわらびの密集地。

たくさんのわらびに出会えますよ✨🌿


『若芽』を山菜として食用にします。


昔からおばあちゃんが春になると、「食べると元気出るよー🌿✨」といって、煮物や炊き込みご飯をつくってくれました。


まさにおばあちゃんの思い出の味👵


「元気がでるよ」の言葉通り、まさにわらびにはたくさんのパワーが含まれているんです。


▪️β-カロテン

抗酸化作用をもち、活性酸素の発生を抑えて入れます。細胞の酸化を防ぐ効果が期待できるんです!


▪️ ビタミンE

β-カロテンと同じく抗酸化ビタミン。

血管の健康を保ったり、血行不良や冷え性など改善。血管の健康を保ち、アンチエイジング効果も期待✨🙌


▪️ビタミンB2

代謝のビタミンといわれるビタミンB2も含まれ、糖質、脂質、たんぱく質の代謝をサポート✨

とくに、脂質の分解に特化しているので、ダイエット効果を期待する人におすすめですね。


▪️食物繊維

豊富な食物繊維が、腸内環境を内側からリセット❣️美腸効果により、ダイエットや美肌、免疫力upにも繋がり嬉しいですね。


β-カロテンやビタミンEは、油に溶けやすい性質をもつので、ごま油で和えるナムルは栄養的にもバッチリ👍


まだ人参、ゴボウ、豚肉で炒めて金平風にしたり、洋風にオリーブオイルでエビやベーコンとソテーしても最高!


煮物、卵とじ、おこわや炊き込みご飯も欠かせませんね(๑˃̵ᴗ˂̵)


ワサビでピリッとした辛味を付けた『わらびの辛子つけ』も絶品‼️


ひゃーお酒がすすみます🍶✨


そして忘れてはならないのが、みんな大好きな『わらび餅✨』!


涼しくなったら食べなくなる、あの国民的和スイーツも、わらびの根にふくまれる澱粉から、わらび粉がつくられ、わらび餅が完成✨(食べたくなってきた❤️\(//∇//)\)


前菜から、メイン、ごはん、デザートまで❣️

まさに日本の自然から届く幸せの味ですね✨



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示