【 記憶に残るトマト🍅 】 アーバンファームASAOKA(浅岡農園)



一度食べたら、もう一度食べたくなるトマトを届けたい‼️

『トマトの仙人』と呼ばれる農家さんを訪ねました。


大阪府富田林市 一級河川「石川」の水に恵まれた西板持町 アーバンファームASAOKA(浅岡農園)さん。


浅岡さんが目指すトマトの黄金バランスは、

ズバリ‼️甘味と酸味が7:3✨

トマトは、水の制限でストレスをかけることで実に甘味がのり、皮が硬くなる。でも口に残る 果皮感を残さない。


30秒後の余韻に命をかけて…

味、食感、香り…全てが浅岡さんのこだわりの境地!


「僕もともと、トマト嫌いだったんです」


と浅岡さん。


「え?ではどうして??」


「たまたまは夏の暑い日に喉が渇いたので、畑の端っこに成っていたトマトを食べたら、それがもう美味しくて‼️」


「あの味は一生忘れられない。

このように記憶に残るトマトを作りたい!!」

と心が熱くなった。


と話してくださいました。そしてこんな興味深いお話も。


「僕の夢の実現は 全て〝逆算方式〟なんです」と。


まず 自分が食べたい〝理想のトマト〟を頭に描く。

そして、その明確なイメージの向かって、日々ひたすらトマトと向き合い、語り掛け、工夫し続ける。


今では畑に入ると、今どうして欲しいか…トマト自身が浅岡さんに語りかけてくるそう🍅


さすが!!『トマトの仙人』と呼ばれる由縁ですね✨


浅岡さんのトマトはファンも多く50軒もの飲食店さんが、ここにしかない味を求めて来られます。


今日は、星付きの北浜の名店 ル ポンド シエルの小楠料理長とご一緒させて頂きました。


浅岡さんのトマトが料理人の魔法にかかり、たくさんのお客様にお楽しみ頂けば嬉しいです✨

近くのハウスには、大阪ナス、白ナス、ゼブラナスも、元気に育っていました。(大阪ナスの品評会で、2年連続近畿農政局長賞を受賞!)


熱くて 優しいお人柄にも触れさせて頂き、若手のリーダーとして、浅岡さんにこれからも農業の未来を背負って導いて頂きたい。

これからも全力で応援しています!!

154回の閲覧0件のコメント